利用人数に合わせられて便利!!乗降場所の注意も知っておこう!!

Written by:

利用人数に合わせたバスが利用できる

家族旅行ぐらいなら、自家用車を利用すればいいでしょう。車が無ければレンタカーなどが利用できます。しかし複数の家族で旅行をするとき、会社の社員旅行や大学のゼミ旅行などになると人数が多くなります。レンタカーでは十分な人数を乗せられないときもあります。この時に利用できるのが貸切バスです。業者によって保有しているバスの種類が異なりますが、マイクロバスから大型バスまで保有している会社ならその中から選べます。大型バスよりも少し小型のタイプであったり、マイクロバスと定員は同じだが大型バスの設備が付いているものなどがあります。大型バスであれば、50人近く利用できるものがありますし、マイクロバスなら10人から20人ぐらいで利用できます。

乗降する場所に一定の制限がある

普段利用するバスといえば、市内を運行する路線バスであったり高速バスがあるかもしれません。どちらにも共通するのが専用の乗降場がある点でしょう。バス停が用意されていて、乗りやすくなるような工夫がされています。貸切バスを利用するときの注意として、路線バスや高速バスの乗降場などを利用できないとされています。バス停はあくまでも専用のバスが利用するためのものなので、いくらその時刻に利用がないからと言って勝手に乗降のために停車させられません。時刻表以外でも臨時や緊急で利用する可能性があるからでしょう。そのため、利用時には十分な道幅や停車ができる条件が整っているところでないといけません。利用時に業者に相談すると良いでしょう。

貸切バスは、観光バスなど多い人数で移動する時に便利です。利用する時は、バス会社などに予約をしたらいいです。